つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さらば、Acer Aspire Blue

出張先へ持ってきたノートPCを起動すると、見たコトのないエラー画面が出てきた。英語でゴニョゴニョ書かれていてわけがわからない。

どうやら、システムファイルが壊れたかHDDが逝ってしまったらしい。セーフモードでも修復セットアップでも回復しない。出張先にはPCしか持ってきておらず、リカバリCDなんて便利なものは用意できない。

そんなわけで泣く泣く修理にだすコトにした。電気店のサポートセンターに持って行くと、店員さんがPCを起動して、それからPCの画面を僕の方に向けて言った。

「これ、何て書いてあるんでしょうか」

それがわからないから修理に出しに来てるんだ。と思いつつ画面を見たら簡単な英語だった。

「『見つかった問題点を送信しますか』って書かれてますね」
「じゃあ関係ないですね」

それからセーフモードや修復を試す店員さん。1時間ほど前に僕がたどった道のりを綺麗にトレースしてから言った。

「打つ手なしですね」

うん、知ってる。

「一度分解して中身を見てみましょう」

そう言ってドライバー片手に分解を始める店員さん。が、底ブタのネジを外してもうまくフタが開かない。四苦八苦する店員さん。

「そこに貼ってあるシールの裏にもネジ止めがあると思いますよ」
「鋭いですね! さっそくシールを─」
「剥がすとメーカーサポートが受けられませんよ」
「─剥がさないでおきましょう」

弱いなー。結局原因はわからず。メーカー修理に出すしかないという結論に至った。

事前に調べておいた情報によるとAcerはサポート対応が遅く、復帰に3~4週間くらいかかるらしい。そして修理代が3万円強。HDD交換になった場合は元のHDDをメーカーに取られる。

修理で3万円もだすなら、あと1万足してネットブックを買ってもいいな。と思っていたら店員さんから別の提案がきた。

「Windows7を買って入れてみるというのはどうでしょう」

その発想はなかった。HDDが物理的に壊れているんじゃなければアプリとデータを復活できるし出費も1万7千円弱で済む。

さっそくWindows7のアップデート版を購入して自宅に帰りディスクから起動。そして僕は驚愕のメッセージを目の当たりにする。

「アップデートする場合は先にWindowsを起動してください」

ふざけんなー!

スポンサーサイト
 Share on Tumblr
  1. 2010/03/13(土) 19:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。