つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンゴーの味

実家の食卓に謎の物体が置かれていた。500円硬貨くらいの大きさで、ドぎつい原色の、半分溶けかかった何か。

「それ、昔行った旅行のお土産のグミや。まだ食べられるで」

グミのなれの果てだった。絶対に、食べてはいけないものだと思う。昔ってどれくらい昔だよ。

「こんなんもあるで」

そう言って親父が出してきたのは、ドライフルーツのマンゴーだった。僕は受けとったパック裏返す。注意書きを読む。

「賞味期限が1年も前に切れてるじゃねーか」
「乾燥してるから大丈夫や。うん。昔食べたときと同じ味や。美味しい美味しい」

親父はマンゴーを1つ手にとってもぐもぐ食べ、パックを僕と母に押しつける。僕はパックを開けた。手に取った。食った。

なにこれ。苦いというか…渋いというか…ミョウガっぽいというか…。強いて言うなら、渋柿っぽい。少なくともマンゴーの味はしない。そもそも色がおかしい。黒ずんだ茶色だ。母も眉間にしわを寄せている。

「なにこれ。マンゴーの味なんかせーへんやん」
「買いたての時はもっと瑞々しい味やった気がするなぁ」
「そうやったかな。昔のコトやから覚えてへん」
「お前さっき『同じ味』て言うやたないか」

親父、アンタは記憶も味覚もおかしい。家族全員からボロクソに言われてしょげたのか、親父は「風呂を沸かしてくる」と言って居間から逃げていった。

「うわー」

風呂場の方から叫び声が聞こえたが、僕たち母子は何も聞こえなかったかのように振る舞うのだった。

スポンサーサイト
 Share on Tumblr
  1. 2011/01/30(日) 23:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンドロイドと言えば?

職場で聞こえてきた会話。()内はあとで当事者から聞いた詳細の補完。

(Googleの)androidをPCにインストールしてみたんです」
(人工無能の)アンドロイドを入れたんですか」
「でもぜんぜん反応してくれないんですよね」
「ツンデレ属性なんですか?」

どーしようもなく噛み合っていなかった。ソフトウェア上の人格はアンドロイドじゃなくてペルソナとかbotって言うんだぜ。

話は変わって、去年からずっとコタツの足が行方不明になっている。家中探しても見つからないので、引っ越しのドサクサで捨ててしまったらしい。

コタツの足4本を取り寄せてもらっていたヨドバシカメラから「入荷しました」という連絡が入ったので、仕事帰りに受け取りに行ってきた。

「コタツの足4本ですね。おそらく6,000円になります」

1本1,500円程度でも4本だと6,000円。安いコタツが丸ごと買えてしまえそうな金額だな。ていうかおそらくってなんだ。なんでレジが曖昧なんだ。

アレか。「○○の方から」とか「と僕は思います」的な、現代の若者によくあるワンテンポ置くコトで自信のなさをカバーするってヤツか。でもレジは自信を持ってくれ。

てなわけで今日からコタツが使えるからご機嫌。だが、コタツの足を抱えて帰宅した僕にさらなる困難が待ち受けていた。

そう、コタツの足を固定するボルトも行方不明になってたんだ。

 Share on Tumblr
  1. 2011/01/27(木) 00:39:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親父、歌う!

午後から、親父が参加してる合唱団の合唱コンサートがある。夜勤明けでものすごく眠いんだけど、コンサートのあとも夜勤があるんだけど、観に行く。

でも大丈夫。あらかじめ前日の夜勤中に、同僚に話を通してあるんだ。

「夜勤明けに親父の合唱団のコンサートを観に行くんです」
「え、じゃあ寝る時間がないんじゃないですか?」
「ええ。だから、明日の夜勤は(職場で)寝ます。起こしても起きません。」
「え」
「僕の分まで頑張ってください」
続きを読む  Share on Tumblr
  1. 2011/01/25(火) 18:40:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Arc keyboard US配列

以前購入したArc KeyboardのUS配列版がココで売ってたんで購入した。

ちなみに今は在庫状況が入荷待ち。最後の1コを買ったのはたぶん僕ですごめんなさい。

ただココのお店はUS配列版を定期的に入荷してるみたいだから、のんびり待てばまた購入できるようになるかも。

続きを読む  Share on Tumblr
  1. 2011/01/23(日) 11:03:00|
  2. キーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相手にされない

いつものように実家で晩ご飯をいただいた。

「今日のお魚、美味しいねぇ」

父はYahoo!オークションに夢中。母はドラマに夢中。誰からも返事はない。ま、いつものコトだからいいんだけどね。

「新聞に投書しようかな。TVとインターネットがお茶の間を壊す、ってタイトルで」

両親は完全にスルー。なかなか手強い。僕は犬の寝床へ向かった。

「ねぇ聞いてわんこ。今日のお魚は美味しいよ。うん」

犬は面倒くさそうにため息をついて、寝たふり。悲しい。

「ぷっ。犬からも…あ、あ、あ、相手にされてな…ぷっ」

僕は悲しいのに両親は楽しそうだった。

 Share on Tumblr
  1. 2011/01/20(木) 22:25:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。