つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パワーストーン

なんかしらんが職場でパワーストーンというのが流行ってる。小さな石を組み合わせて紐で連ね、腕にはめておくと、それぞれの石が持っている神秘的な力でいいコトがあるらしい。当直で一緒になった同僚Aも同僚Bも腕にパワーストーンをはめていた。

「これが○△石で仕事運を高めてくれて、これが□◇石で金運で…」
「僕のパワーストーンは2組で4,000円でしたわ」
「安っ。私は1組で4,000円しましたよ。それどこで買ったの?」

いかん。ぜんぜん会話に入っていけない。このままでは僕だけ仲間はずれだ。僕は決死の思いで会話に割り込んだ。

「Bさんはもう四十路やからパワーストーンっちゅーより数珠に見えますね」
「…」
「…」
「どうせやったらウラン鉱石でも腕に巻いといたらええですやん。神秘の力なんて得体の知れんもんと違って確実に石から何か出てまっせ」
「…」
「…」

同僚2人も沈黙の世界へご招待。僕だけ仲間はずれにはさせないぜ。

場所は変わって、職場から帰宅後の食卓。晩ご飯のクリームシチューに見慣れぬ具が入っていた。

「なんやこれ。貝柱?」
「惜しいな! アワビや」

ほう。アワビは生しか食べたコトなかったけど、煮込んだらこんな風になるのか。

「ホンマはエリンギの輪切りやで、それ」
「…」

僕を黙らせるとはやるな!

スポンサーサイト
 Share on Tumblr
  1. 2011/03/23(水) 01:13:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。