つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

S1500のパッドユニットを交換

ドキュメントスキャナのS1500で紙を読み込むときに数枚重なるコトが多くなったので、消耗品のパッドユニットを交換した。

これが新品のパッドユニット。

これが今まで使っていたパッドユニット。

えらい消耗していた。

書籍350冊、紙にして45,000枚の読み込みでこの状態。本棚の本すべてを電子書籍化するまでに、あと2回は交換が必要かも知れない。

スポンサーサイト
 Share on Tumblr
  1. 2011/08/30(火) 12:25:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大丈夫か親父

最近、過去にもらった年賀状をPDF化して保存していってる。小学生時代の年賀状には懐かしく思う名前から誰だコイツと思うような名前までいろいろ。ふと見ると友達からもらった年賀状に僕の字で落書きされていた。

我ながら最低だな。

年賀状の整理をしていたら晩ご飯の時間になったので実家へ。親父は既に食事を済ませて、食後の珈琲を飲もうとしていた。

冷蔵庫から果汁100%のオレンジジュースを取り出して、濃いめに淹れた珈琲に混ぜた。

飲んだ。

「すっぱ!!」

そりゃそうだろ。

ご飯を食べていると、ラジオだかTVだかコンポだかから英語の歌詞が流れてきた。

「これ歌ってんのカーペンターズやったっけ?」
「あ?」
「これ歌ってんのカーペンターズやったっけ?」
「あー…。カーペンターズはアメリカ人やで」

最近親父の老後が心配でたまらない。

 Share on Tumblr
  1. 2011/08/26(金) 01:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【iOS】Twelve South BookArc for iPad

その日、僕は通勤中の電車で音楽を聴いてた。降車が近づいたのでApple In-Ear Headphones with Remote and Micを耳から引き抜いた。耳から出てきたのはイヤホン本体だけだった。イヤーチップは耳の中に残ったままだった。

そんなわけで、劣化したイヤーチップを買い増すために、仕事帰りにヨドバシカメラのアップルストアへ立ち寄った。のだけど、替えのイヤーチップがどこにも見当たらないんで店員さんに聞いてみた。

「ココはアップルストアですがアップル純正のイヤーチップだけは置いてません」

アップルストアっていったいなんなの…。

代わりに、と言うわけではないけど、アップルストアのショーウィンドウに前々から欲しいなーと思っていたBookArc for iPadが飾られていたので買ってきた。

Dock機能も何もないただの台だけど、それだけにデザインがシンプルでいい。足の部分はゴム製で、ツルツルしたテーブルでも安定して置ける。

iPadを挟む溝の部分には、裸のままのiPadをピッタリ挟めるものと、薄手のカバーを付けたiPadを挟める少し大きめのものの2つのゴム製アタッチメントが付属。購入時は裸のiPadを挟むためのアタッチメントが最初から付いた状態だった。

僕は純正カバーを使っているので、アタッチメントを付けた状態だとちょっと使いづらい。

アタッチメントを取っ払うとほどよい角度になった。

使わないときはカバーを付けた状態で立てかけておける。テーブルの上にでーんと置いておくよりはスペースを消費しない。

写真を撮り忘れたけど、台の下に空間があるので、縦置きにして充電しながらでも使える。

アルミ製なので、他のアップル製品と一緒に並べても統一感のある質感。…なんだと思う。僕はMacもってねーから知らんけど。

 Share on Tumblr
  1. 2011/08/20(土) 20:37:38|
  2. iOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーベキュー

昨日は友達NとHとOと、海でバーベキューへ行ってきた。

続きを読む  Share on Tumblr
  1. 2011/08/14(日) 23:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞄の中確認します

ビルのロビーで鞄チェック。フロアの入り口で持ち物チェック。帰りもチェック。最近はどこもかしこもセキュリティが厳しくて仕事になんねぇ。

帰宅時に別テナントの団体様とタイミングがかち合ってしまい、ビルの出口に鞄チェックの長~い行列ができてた。時間かかるなーヤだなーと思いながら最後尾にならんでたんだけど。

よく考えたら僕は手ぶらだった。

無駄に時間使っちまった。

そんなこんなで帰宅して晩ご飯を食べに実家へ行くと親父がレコードを聴きながら話しかけてきた。

「この5拍子は変わっててな。1231212123やねん」

聞いてないし意味わからんし。

「1231212123やで。ぷぷぷっ。12312121231231212123…ぶぁっはっは」

どこからどう見てもアブナイヒトだった。

 Share on Tumblr
  1. 2011/08/10(水) 21:32:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。