つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メモリのお値段

僕の友達がココのブログを紹介してまわってるらしい。それはいいんだけど「ヤンキーの友達がやってるブログ」という紹介の仕方は納得できない。

その友達から電話があった。

「今、電気屋へメモリ買いにきてるんやけど。32bitのWindowsで作れるRAMディスクって最大何GBやったっけ?」
「32bitのWindowsが扱えるメモリ容量は最大3GBまでで…おおっとココからは別料金ですぜ旦那
「なんで情報屋ややねん」

的確なツッコミをありがとう。

「RAMディスク用のツールはWindowsが管理でけへん3GB以上の領域を使う仕組みやから、M/Bの限界値まで大丈夫なんとちゃうか」
「そうか。メモリ相場が1GBで500円くらいやから、もし失敗してもあんまり痛手にならんしなぁ。買えるだけ買って試してみるわ」

なん…だと。ココ数年PCのパーツ交換をしてなかったんで知らなかったが、今のメモリ相場は500円/GB台に突入してたのか。昔は1MBの増設に5万円くらいしたのに、ずいぶんとお求めやすくなっちゃってまぁ。

ちなみにその頃のゲームは、テープ昔はHDDでもFDでもなく磁気テープ(10分/15分程度の長さの音楽テープ)を使っていた。の読み込みが始まってから実際にタイトル画面が表示されるまでの待ち時間が50分以上あった。友達曰く「ゆっくりにお風呂に入ってから珈琲ブレイクしてもまだ読み込んでる長さ」だった。昔のゲーマーはとてもとても気長だった。

スポンサーサイト
 Share on Tumblr
  1. 2011/08/08(月) 00:53:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。