つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怪談牡丹灯籠の姪

昨日。実家で昼食を摂っていたら姪が遊びに来た。僕がご飯を食べている横で、いろいろと話しかけてくる。

「ウチなー、朝ご飯のそうめん食べるときにチーズだけ食べたりするねん」

弟夫婦ん家では、朝ご飯にそうめんを食べるのか。てか、そうめんにチーズって、何?

「姪ちゃんトコは朝ご飯にそうめん食べるんや」
「んーん、食べへん」

どっちだよ。

今度は親父がセーターを手に持ってやってきた。

「この服、何色や?」
「茶色」

親父は目が見えないので、これから着る服の色を僕に聞きたかったらしい。答えに納得したのか、親父は服を持ったままリビングから出て行った。が、じきに戻ってきた。手にはさっきと似たようなセーターを持っている。

「この服、何色や?」
「黒」
「ユニクロで同じ服の色違いをたくさん買ったら訳わからんようになってしもた」

僕には親父の買い方が訳わかんねーよ。

姪の相手をしながらご飯を食べ終えた。これから夜勤に備えて寝なきゃいけない。18:00まで熟睡予定だ。僕は姪に向かって話しかけた。

「おっちゃんは夜から仕事やから、お家に帰って寝るわな」
「わかったー」

こう言っておかないと、姪は僕の家に遊びに来てしまう。来るのは構わないけど、さすがに仕事前は遊んであげられない。

姪を弟夫婦の家に送り届けて、自宅に帰って布団にもぐった。それから数十分経って、夢か現かの境目をウトウトしていると、玄関のチャイムが鳴った。

お兄さん姪は(弟夫婦の呼び方を真似て)僕のコトを「お兄さん」と呼ぶ。遊ぼー!」

あれ。姪だ。さっき「もう寝るから遊べないよ」と伝えておいたのにな。相手してあげたいのはやまやまだけど、眠くて仕方がない。身体もちゃんと動かない。なので、インターホンには出ずにそのまま眠った。

ドンドンドンッ!

玄関のドアを叩く音がして目が覚めた。

「おにぃぃぃさぁぁぁん~。あぁぁぁけぇぇぇてぇぇぇ」

まるで牡丹灯籠のお露みたいだ。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2010/12/18(土) 13:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/1003-5c1fb489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。