つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【映画】レギオン

TSUTAYAで借りてきたDVDを観ていたら実家から晩飯に呼ばれた。

「今日はハヤシライスやで」
「んー」

お鍋のフタを開け、少し冷めたルウに火を通しながらかき混ぜる。ルウが温まり始めたところで弱火に変え、大皿を手に電子ジャーのフタを開けた。

五目ご飯がふっくらと炊きあがっていた。

世の中には相性の悪い食べ物がある。たとえば和食に珈琲。相性の悪さは一度口の中を空にして別々に食べるコトで回避できる。だがご飯とルウは同時に食べざるを得ない。

僕は人知れず泣いた。

訂正。自慢のオーディオセットでドヴォルザークの「弦楽セレナーデ ホ長調」を聴きながらラブラドールレトリバーと戯れる親父に見守られながら泣いた。文字だけ読むとすごく優雅っぽいトコロが実に憎々しい。

ま、それはそれとして、DVDのお話。TSUTAYAでプレデターズ、バイオハザード4、9(ナイン)、レギオンを借りてきて観た。9(ナイン)を除くすべてがハズレだった。

特にレギオンはスゴかった。久々に映画の話を書いてしまうくらいスゴかった。以下、ネタバレを含むあらすじを紹介するので読みたくないヒトは読まないこと。


この映画のキャッチコピーは「天使対人類の壮絶な戦い」、というコトになっている。

冒頭、謎の全身タトゥー男がどこかの武器庫に侵入して大量の武器を物色するトコロから始まる。全身タトゥー男は武器の盗難を見咎めた警官を銃で瞬殺。その立居振舞はまさに悪役だった。

そして場面は砂漠の真ん中にひっそりとたたずむガソリンスタンドへ移る。店員と客をあわせても8人しかいないこのガソリンスタンド、TVもラジオも壊れて外界との連絡が付かない。非常に嫌な雰囲気が漂う。劇中の緊張感という意味でも低予算の常套手段という意味でも。

そんな荒野の閉鎖空間へ、冒頭の全身タトゥー男がやってくる。全身タトゥー男はマシンガンやらライフルやらを振り回しながら言う。

「俺は天使だ」

怪しすぎる。僕ならまず信じない。でも店員たちは信じる。なぜなら「天使」の言葉だから。テンシウソツカナーイ。

店員たちは全身タトゥー男改め自称天使に言われるまま、ガソリンスタンドで籠城を開始する。何に対して籠城するのかわからないまま籠城する。なぜなら「天使」がそうしろって言ったから。

時を同じくして、ガソリンスタンドへと迫り来る天使軍団。という名前のゾンビ。どっからどう見てもゾンビ。天使という言葉が持つ華々しさなんて微塵もない。自称天使曰く「天使が人間の身体に乗り移った姿」らしい。だからってゾンビはない。これじゃただのゾンビ映画だ。

大した展開もないまま、なし崩し的に始まるゾンビとの銃撃戦。ばったばったと死んでいく客と店員。とゾンビ、いや天使軍団。そんななか、生き残った店員が天使に尋ねる。

「なぜ俺たちを助けてくれるんだ」
「私は人間を信じたいのだ」

そして自称天使の口から明かされる物語の真相。神は人類に愛想を尽かし、滅ぼすコトに決め、天使軍団を地上に派遣したのだという。だが自称天使だけは人類を信じ、ただヒトリ天使軍団に反旗を翻したのだ。自称天使はすげーいい奴なのだ。ついさっき罪なき警官を瞬殺したけど。

ちなみにココまで舞台は砂漠のガソリンスタンドのみ

えーと。天使対人類の壮絶な戦いはどこへ? と思っていたら、ガソリンスタンドの壊れたラジオが突然息を吹き返し、細切れの放送が入る。

「ギーガガガッ…世界は大変な状況です…ガガッ」

壮大なテーマはラジオの一言で片付けられた。

上映時間が残り10分切った辺りで自称天使があっさり倒される。死ぬ間際、天使が店員に言う。

「預言者を捜せ」

ココに来て新展開。今さら新展開。残り10分なのに。

店員が去ったガソリンスタンド店内で、自称天使が息を引き取ると、自称天使の身体に刻まれていたタトゥーが逃げた店員の身体に浮かび上がってくる。店員は叫ぶ。

「これは予言だ!!」

さらに、さっき死んだはずの自称天使が復活し、空から飛んでやってくる。自称天使は言う。

「私は天使だ」

そして店員は人類の希望を背負って旅立つ。

何を言っているかわからないと思うが僕にもわからない。何でもかんでも「天使」の一言で片付けられても困る。「天使」、それは大槻教授のプラズマをも凌駕する素敵キーワード。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2011/03/20(日) 04:09:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/1037-f9667ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。