つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【iOS】1Password

Webのアカウントやパスワードの管理に使っていたファイルをうっかり完全消去してしまった。

なので、どうせイチから構築しなおすなら専用のアプリで安全に管理しましょう、て感じで無料期間内に手に入れてたまま放置していたいたパスワード管理アプリの1Passwordを本格的に使い始めた。

1Passwordの利点は主に下記な感じ。

  • iPhoneとiPadの両方で使えるユニバーサル仕様。
  • PC版(Windows/Mac)がある(別売)。
  • Firefox/Chrome/IE用のアドオンがある。
  • パスワードの自動生成機能がある。
  • Dropbox経由でiPhone/iPad/PCと同期できる。

1Passwordを使うに当たって肝に銘じておかなきゃいけないコトがある。それは、iPhoneとiPadはアプリ間でデータのやりとりができないってこと。

1PasswordではWebのログイン情報を管理できるけど、Safariから1Passwordを呼び出してフォームに自動入力できるわけじゃない。せいぜいブックマークレットを使って1Passwordの情報を表示させ、そこからログイン情報をコピペできる程度。スマートじゃない。

1Passwordの内蔵ブラウザを使えばフォームへの入力を自動で行ってくれるけど、ログインが必要なサイトを開く度に1Passwordを起動するのもスマートじゃない。

iPhoneおよびiPad版の1Passwordはパスワード管理がメインであって、ブラウザでログイン情報を入力できるのはオマケ程度に考えておいた方がいい。

というわけでまずはiPhone版の起動時の画面。パスワードという重要な情報を扱っているだけに、アンロックコードを入力しないと保存したデータを参照できないようになっている。

アンロックコードが4文字だと心細いというそこのアナタ。重要度の高いデータはさらにマスターパスワードで詳細情報を保護できるのでご安心あれ。

つーか普通はマスターパスワードも設定するので、実質2種類のパスワードで保護するコトになる。アンロックコードとマスターパスワードは1Password初回起動時に設定できる。

こちらはiPadの起動時の画面。アンロックコードの入力はなくマスターパスワードのみで保護されている。

アンロックコードってのは、たぶんiPhone専用の機能なんだと思う。

パスワードによる保護は起動時だけじゃなく、しばらく放置してたりプッシュ通知を受けとったりマルチタスクを切り替えたりしてもパスワード入力画面に戻るんで、起動しっぱなしのままアプリの終了を忘れちゃってもそこそこ安心。

↓は保存したデータの一覧。上から順にiPhone版、iPad版、Windows版。



データはWebアカウントや各種サーバのログイン情報を種類別で分けて管理できる。PC版はさらに独自のフォルダに振り分けるコトもできる。

あとWindows版はMac版に比べて画面が質素でカッコ悪い

設定でDropbox無料または有料で使える、Web上のファイル保管置き場。異なるデバイス間で同期を取るための手段として利用しているアプリが多い。の同期フォルダを指定すると自動的に同期。iPhone、iPad、PCの違いを意識することなく同じデータが扱える。

PC版にはブラウザ用のアドオンも用意されている。ブラウザからWebのフォームにIDやらパスワードを入力すると、1Passwordに情報を保存するかどうか聞いてくる。保存すると次回からフォームの入力を自動でこなしてくれる。

大まかな使い方はこんな感じ。App Storeのレビューを見るとIDを2つ以上登録するようなサイトでは使用できないっぽいんだけど、僕はそーゆーサイトを利用していないので今のところ問題ない。概ね満足。
関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2011/04/11(月) 02:13:00|
  2. iOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/1043-335acb08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。