つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【夢日記】籠城戦

今日見た夢。


時は戦国時代。ココは城。堀の外には敵兵。

つまり籠城中。

僕は軍師として、内堀の中に落とし穴をたくさん掘らせた。掘った穴に草を被せていく。これでいつ敵に攻め込まれても大丈夫。

「赤土の上に転々と青い草が盛られた場所があると、あからさまに怪しくないですか」
「…だいじょぶやろ」

天守閣から外を眺めていると、敵が堀を越えて攻め入って来るのが見えた。僕は左手に中華鍋を、右手にお玉を持った。そして中華鍋をお玉で叩いた。

カンカンカン!

「敵やで~敵が来で~」

エレベータに乗って3階のボタンを押す。3階に着くと、また中華鍋をお玉で叩きながら叫んだ。

「敵やで~敵が来で~」

これを1階まで繰り返す。

敵兵は苦労して掘った落とし穴を見事に避けて城へと押し寄せてくる。このままでは城の中まで攻め込まれてしまう。奥の手を使った。

大音響と共に城から天守閣が切り離され、ゆっくり上へ持ち上がっていく。天守閣の下から生えてきたのは、2本の足。そして天守閣の両端の壁からニョキニョキと生えてきたのは、2本の腕。

そう、僕はこんな時のために、天守閣をロボットに改造していたのだ。

「行け! 天守閣ロボ!」

天守閣ロボは1歩前へと踏みだし、瓦屋根に足を滑らせて城の上から真っ逆さま。地面に激突した。 ピクリとも動かない天守閣ロボ。

「天守閣ではなく、城全体をロボットに改造した方がよかったのではないですか」
「…せやな」

まもなく我が軍は大敗を喫した。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2011/04/25(月) 20:12:00|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/1052-3a343a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。