つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【iOS】ポケット文庫SkyBook

頁めくりのアニメーションがステキだったという理由で青空文庫リーダーをi文庫からSkyBookに乗り換えた。


本棚に青空文庫の本を追加する

まずは青空文庫から読む本をダウンロード。本棚画面で右下の作品追加を選び、青空文庫の一覧画面を表示する。はじめて使う機能ではチュートリアルが表示されて親切。

一覧には作家別のインデックスがあるので読みたい作家を選ぶか、全ての作品から作品名を選んでダウンロード。

ダウンロードした本は本棚に並ぶ。まさに、これから本を読まんとする感覚。

読み終わった本はタイトルがグレーアウトする。背表紙の最下部に表示されているプログレスバーは本の読み進め具合を表している。NEWは最近追加した本。

本を読む

本棚から本を選ぶと最初に表紙が表示される。

画面の下半分左側をタップするとページをめくるアニメーションが入り、次の頁を表示。画面の下半分右側をタップするとページをめくるアニメーションが入り、前の頁を表示。実際に本を読んでいる感覚に近くて好き。

設定を変更すれば左右にフリックして頁をスライドさせるアニメーションも使える。

画面の上半分をタップするとスクロールバーが表示されて一気にページを飛ばすコトもできる。しおりを追加したり、しおりの挟んである頁へ飛ぶのもココから。

しおりの見出しは頁の最初の行の一部が自動的に設定される。最初の行が空行の場合は頁番号のみ表示。しおりが覚えてくれるのは頁番号だけなので、設定で1画面の表示文字数を変更した場合はしおりの位置がズレてしまう

本文中の単語を選択する

本文中の単語をなぞって選択するコトでコピーgoo辞書での検索Twitterへのポストができる。大辞林を購入していると大辞林を使った検索もできるらしい。

設定を変更する

設定画面の呼び出し方法は本文表示中に画面上半分をタップして設定ボタン押下。

青空文庫ビューアとしては、文章の装飾に関する設定が少なめ。1画面の表示文字数くらいしか変更できない。ルビの有無も決められない。

操作方法とフォントの指定。

頁送りなどのタップ位置を変更できる。フォントはヒラギノ2種、IPA明朝、みかちゃんフォント、さざなみ明朝の5つがプリインストール済み。USB経由で追加した独自フォント(後述)は自動的に認識される。スクリーンショットで使っているフォントは僕が別途購入したもの。

見た目の変更。

文字色、背景色、背景画像を変更できる。背景画像はプリセットされた画像以外使えない。

青空文庫以外のテキストを読む

iPhoneの設定アイコンから青空文庫以外も使うをOnにしておけば自前で用意したテキストファイルも表示可能。テキストファイルはiFunBoxなどを使ってUSB経由で転送する。独自フォントの追加もUSB経由。

iFunBoxでテキストファイルを追加する場所は
/Raw File System/Photos/SkyBook/
以下。サブフォルダを作成してもOK。

独自フォントを追加する場所は
/Raw File System/Photos/SkyBook/fonts/
または
/Raw File System/Photos/fonts/
のどちらでもOK。


※この画像はJailbreak済みiPhoneの画面なので通常の構成と異なる。

しおりは本(ファイル)ごとに覚えて一元管理できないので何十冊にも分かれたテキストファイルにしおりを付けた場合はしおりを探す方が大変だなと感じた。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2010/01/19(火) 18:59:00|
  2. iOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/928-72c1c3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。