つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【iOS】本の発売日を自動取得して通知する

こっちの記事にもっと便利な方法を紹介。以下の記事は内容が古いです。

数年のスパンで発売される漫画のシリーズって発売日を忘れがちなんだよね。

そこで、お気に入りの漫画の最新刊の発売日をiPhoneのカレンダーに自動登録して、発売当日にアラームを起動させる方法はないかなとあれこれ調べて全部で3通り考えた。どれもこれも一長一短だね。


Webサービスを使った管理

手っ取り早いのがe-honというサイトにユーザー登録する方法。マイページからお気に入りの本名や著者を登録しておくと、関連する本の発売日にメールで通知してくれるらしい。

利点はとにかく柔軟性。

  • メールを受信できる端末なら何でも使える。
  • Webに繋がる端末があれば管理できる。

欠点はWebベースであること。

  • 当日以外の発売スケジュールはWebに繋がないと把握できない。

ブックスケジューラを使った管理

次はブックスケジューラとOutlookを連携させる方法。ブックスケジューラとは、Webから取得した本の発売日情報からお気に入り登録した単語と一致する本の情報を、フィルタリングしたりOutlookの予定へ登録したりしてくれるアプリ。

簡単な手順を紹介。

  1. PCでブックスケジューラを起動し、本の発売日情報を取得する。
  2. ブックスケジューラの予定通知機能を使ってお気に入りの本の発売日情報をOutlookへ自動登録する。
    • この時点で、Rainlendarを使えば
      カレンダーと発売日情報をデスクトップに表示できる。
  3. PCとWindows Phoneを同期する。
  4. 本の発売にアラームが起動する。

これはPCを頻繁に使う場合にとても有効な方法。

  • フィルタリングに高度な条件を設定できる。
  • PCのデスクトップ上でも発売日情報を参照できる。
  • Outlookと同期できるすべての端末で通知できる。

ただし問題点が4つ。

  • 定期的にブックスケジューラを起動しなければいけない。
  • サイトから本の発売日情報をすべて取得するので時間がかかる。
  • PCと端末を同期しなければいけない。
  • 発売日が変更された場合、過去に登録した情報が残ったまま新しい情報が追加される。

実は10年くらいこの方法を使ってきたんだけど手動が入るんでやや面倒。

Googleカレンダーを使った管理

新しく僕が選んだ方法はこれ。新刊・新作カレンダーというサイトの発売日情報サービスから知りたい情報の検索条件をGoogleカレンダーに登録し、
以後は自動で更新させてしまう。

簡単な手順を紹介。

  1. 新刊・新作カレンダーでお気に入りの本を検索する。
     →設定方法
  2. 新刊・新作カレンダーの検索条件Googleカレンダーに登録する。
     →設定方法
  3. 登録した検索条件に通知設定を追加する。
     →設定方法

以上。利点は行程が少ないところ。

  • 1度登録を済ませてしまえば、あとは全自動。
    • 検索結果ではなく検索条件を登録しているので発売日の変更も自動で反映してくれる。

欠点は管理が面倒なところ。

    検索条件が本単位になり、本が増えるとカレンダーも増える。

e-honのサービスをローカルっぽく見せてるだけって言えばそれまでなんだけどかなり便利。

説明はココで一旦おわり。以下は手順をさらに詳しく説明した内容。

新刊・新作カレンダーお気に入りの本を検索する方法
  1. 新刊・新作カレンダー左下の検索フォームからお気に入りの本を検索する。
    • 【種類】ぜんぜん関係のないアイテムがHITする場合があるので、対象はできるだけ絞った方がいい。
    • 【検索対象】著者名なんかで検索する場合はより多くの検索結果が得られるように新作を、本のタイトルでの検索だと短期間で発売が連続するコトはないので、関連商品もHITするように全件を選べばいいと思う。
    • 【ソート順】今日に近い範囲にしておけば前後の状況がわかっていい。
  2. 表示された検索結果に問題がなければGoogleカレンダーボタンを押下し、表示されたURLをコピーする。
新刊・新作カレンダーの検索条件をGoogleカレンダーに登録する方法
  1. Googleカレンダーの左下にある追加▼を選んでURLで追加を選ぶ。
  2. 表示されたダイアログボックスに先ほど新刊・新作カレンダーでコピーしたURLをペーストしてカレンダーを追加ボタンを押下する。データが多いとたまに登録を失敗するようなので、くじけずチャレンジ。登録に成功するとカレンダーに発売日の予定が追加される。
  3. カレンダー名がURLのままになる場合は名前を付けなおす。まずカレンダー名右側の▼を選んでカレンダー設定を選ぶ。
  4. カレンダー名にわかりやすい名前を付けて保存ボタンを押下する。
登録した検索条件に通知設定を追加する方法
  1. カレンダー名右側の▼を選んで通知を選ぶ。
  2. 通知を追加するを選ぶ。
  3. デフォルトの通知方法からメール0を選んで保存ボタンを押下する。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2010/01/24(日) 21:04:00|
  2. iOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

第4の方法?

まさに同じ悩みを持ち、ここへたどり着きました。

あれこれ試した結果、「e-hon」と同種サイトの「新刊.net」が「iCal形式」のファイルを吐き出してくれたので、iPhoneのカレンダーに簡単に同期することができました。
Webの画面も結構見やすいですよ~

http://sinkan.net
無料のユーザー登録。
ゲストアカウントで使い勝手を試せます。
  1. 2010/04/27(火) 18:11:32 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Re: 第4の方法?

新刊.netの方が細かいフィルタリングができて便利そうですね!
情報ありがとうございます。
  1. 2010/04/27(火) 19:48:35 |
  2. URL |
  3. もさゆら #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/935-d1de4cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。