つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【iOS】ATOK Pad

iPhoneでATOKが使えるATOK Padがリリースされたんで、さっそく買ってみた。

ATOK Padの主な注意点は以下の通り。

  • 名前に「Pad」とあるけど、現時点ではiPadでは使えない。これはiPhone専用のアプリ。
  • 標準の日本語変換を置き換えるコトができるのではなく、専用のアプリ内でのみ使える、言わば一太郎 for iPhone的なアプリ。

さすがに日本語変換の精度は高い。アホすぎる標準搭載の日本語変換とは大違い。

iPhoneの仕様上仕方ないけど、他のアプリでATOKを使えないのは残念。ただし作成した文章をクリップボードへコピーしたり、Twitterなどへ直接投稿したりはできるので、手間を惜しまなければ使い所は多いんじゃないかな。


入力方法が独創的

詳しくはATOK Padの公式サイトに載ってるけど、入力方法がちょいと独特。基本的にはiPhone標準の入力方法を改善した部分が多い。フリックによる全文字消去やカーソル移動はかなり便利。

しかし、新規にデザインされたリボルバータッチ入力とダブルトリガーが独創的すぎる。標準の入力方法と操作がかけ離れすぎていて他のアプリを使ったときに混乱しそう。ってわけで(もったいないけど)僕はこの入力方法を使わない。

全角スペースと半角カタカナが使える

スペースの入力が、日本語入力中は全角、英数字入力中は半角になってる。全角スペースが使えるってすばらしい。

SIFT+スペースで全半角を反転できればもっとよかったのに。

半角カタカナも入力できる。あと3点リーダに専用のキーが割り当てられているのが個人的にうれしい。これがさり気なく便利。

縦横別々の入力方法

縦画面と横画面で別々に入力方法を覚えてくれる。縦画面ではフリック入力、横画面ではキーボードって使い方ができて便利。ちなみに日本語キーボードは初期設定でOffになってるから設定画面を開いてOnにしないと使えない。

文章を区切りなおす方法について

公式サイトのチュートリアル1の一番最後に文章の区切りなおしについての説明が載ってるけど、区切りなおしから再変換する方法が載ってないので手順を書いてみた。この手順は公式サイトからダウンロードできるpdfマニュアルの9頁にしか載ってなくて不親切と言えば不親切かも。

  1. 文章を入力する。
  2. 「次候補」を上にフリックして変換。
  3. 入力した文章から区切りたい部分を直接タップするか、をタップか左フリックでカーソルを左右に移動する。
  4. 「変換」をタップする。
関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2010/09/22(水) 06:56:00|
  2. iOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/975-7d816391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。