つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【iOS】Editor for iPad

htmlエディタのEditor for iPadを使ってみた。
iTunesでは「よさそう」に見えたんだけど使ってみるとダメダメだった。


キーボードでの編集

ソースの任意の行をタップするとキーボードが表示されて編集可能になるんだけど、キーボードが画面下からせり上がってきたときにフォーカス中の行が画面外に飛んでいってしまう。これがどーしようもなく使いづらい。

tab単体を入力するボタンが見当たらないのでインデントはできないっぽい。ソースが見づらいったらありゃしない。

入力はできないけど、最初からtabでインデントしている行を改行すると次の行もtabでオートインデントしてくれる。

フォーカス中の行をハイライトしてくれる機能は、日本語の入ったソースだと行を進めるごとにハイライトの位置がズレていく。40行をすぎたら完全に別の行へと分離。


  ↓

タグの入力

一応、タグはリストから選んで使えるんだけど用意されているのが基本的な要素だけ。属性は壊滅的。手動での追加は不可。

ファイル操作

htmlファイル編集中にファイルリストから他のファイルを選択すると、警告なしでいきなり編集中のファイルを閉じてしまう。

もちろん自動保存なんて気の利いた仕様はない。ランドスケープでリストを表示しっぱなしにしていると不意に手が当たって編集がパーになってしまいかねない。

外部転送に用意されている手段はWebDavのみ。Webへの転送はPCからftpでやってねってコトらしい。

WebDavは見ての通り必要最低限の機能のみ。戻るボタンがないので階層を移動したあとはブラウザの「戻る」を使う。

ファイルのダウンロードもなし。リンクをクリックしてブラウザで表示してからブラウザ側で「名前を付けて保存」する。

前回もチョロッと書いた通り、index.htmlをアップロードすると、画面の更新時にindex.htmlを表示しようとして画面が真っ白になってしまう。以後はiPadからindex.htmlを消すまでアップロードが不可能。

以上、こんな感じ。属性の色分けとか見た目はいい感じなんだけど機能と動作に難あり。これでもiPad用のhtmlエディタの中では優秀な方らしい。

つまりあれだ。頭の中にhtml辞典が丸々入っていてhtmlエディタなんてなくてもタグがスラスラ入力できるヒトだけがiPadでのhtml編集を許される。
というコトらしい。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2010/09/28(火) 23:59:00|
  2. iOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/978-42584251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。