つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Arc keyboard

(ものすごく遅くなったけど)以前Twitter経由でお願いされてた、デザインが素晴らしいMicrosoftの Arc keyboard のレビュー。


持ち運び前提のキーボードなので専用ケース付き。親切だね。ただし 持ち運びに使いたくなくなる ほどの安っぽさ。WACOMの Bamboo レベルのケースくらいは付けて欲しかった。

おもて。フレームは鏡面仕上げ。この写真は撮影のために拭き拭きした後なのでピカピカだけど、ちょっと打鍵しただけで指紋付きまくり。

表面の微妙なカーブが手にフィットして打ちやすい。キーストロークはかなり短いけど「カチカチ」した打鍵感があって良好。

ファンクションキーはF1~F6キーまでをFnキーで入れ替えて使う方式。Delキーはホームポジションから手を離さないと指が届かない。つまり長文が打ちにくい。音声キーなんていらないから、もうちょっと内側にDelキーを配置して欲しかった。

うら。USBレシーバを収納する凹み付き。レシーバは(最近のMS製品で定番の)磁石でくっついてる。独自の無線規格を使っているのでレシーバの携帯は必須。 WindowsでもMacでもPC本体に挿すだけ でドライバなしでも認識してくれるのはありがたい。でもBluetoothにしてくれた方がもっとありがたかった。

普段使っているフルサイズのキーボードと比べた結果。こうして見ると、キーピッチは通常のキーボードと同じか、むしろ広いくらい。でも実際に使ってみると狭く感じる。不思議。

省スペース化のためなのか、矢印キーはゲーム機の十字キーのようなカタチになってる。これはこれで使いやすいんだけど、他のキーより感度が悪くて強く押し込まないと認識しないうえに、斜め方向に入力してしまいやすい。矢印キーを多用する ATOKとの相性は最悪 だった。

個人的にEnterキーのデザインが許せない。外縁部の角は鋭利なのに、内縁の角は円系。このデザインはダメだ。

このキーボードがBluetooth対応だったらモバイル機器で使えたのに。あるいは(普段英字配列のキーボードを使っている身として)英字配列だったら出先の日本製PCに繋いで使えたのに。ただのちっこい日本語配列を持ち運んでまで使う用途というのが想像できない。

同シリーズのArc MouseはノートPCでの需要が見込めるけど、Arc keyboardが活躍できる場所ってどんなトコロだろーね。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2010/11/10(水) 15:17:00|
  2. キーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/987-f606b251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。