つるつるつうしん

おそらくデジタル小物のお話とかが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Share on Tumblr
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電子書籍の世界

iPad登場時はKindleキラーなんて言われて電子書籍の真打ちのようにもてはやされていたのに、フタを開けてみれば外国語の本しかない標準アプリの iBooks

iTunesのレビューには日本語の本がないコトに対するレビューが詰まってて、それに対して「TOEICフルスコアなら問題ない」とか「アプリのレビューに英語の話を持ち出すのは論外」なんて意見も出てるんだけど、本の中身が母国語かどうかって重要だと思うんだ。

少なくともアプリについて語っている分、「TOEICの自慢話」や「レビューのレビュー」よりは役に立ってる。


じゃー日本語の電子書籍はどこへ行ったのかというと、各出版社がiBooksを経由せずに独自で電子書籍アプリをリリースしている。本ごとに操作方法が違ったり、紙媒体より高い値段で売られていたりして、もーわけがわからない。

漫画に至っては1巻1アプリでリリースされてて、お前は iPadの画面をアイコンで埋め尽くす気か。

もともと電子書籍「も」読める端末ってだけだから本の品揃えが悪いとか販売方式がバラバラとかいう文句は言っても仕方ないんだけど、iPadをブックリーダー中心で使うのはよした方がいいとしか言えない。

効率的に電子書籍を読みたいヒトには、 Kindle をお勧めする。本しか読めないけど、フォーマットも販売方法も固定されているから統一感がある。書籍の一部は(画像という荒技で)日本語でも出版されているし、最新機種は日本語フォントにも対応しているから、いずれ日本語の書籍も販売される…はず。

日本語の本を読みたいヒトには、シャープの ガラパゴス をお勧めする。シャープはザウルスの頃から電子書籍のオンライン販売に力を入れてきたし、今はケータイの分野でも電子書籍を広めているから過去の資産が莫大にある。大手の電子書籍サイトならシャープのXMDF形式に対応した電子書籍も販売している。

おもしろい本が読みたいヒトには、 iTunesのレビュー をお勧めする。粒よりのレビューが日々掲載されている。

関連記事
 Share on Tumblr
  1. 2010/11/12(金) 02:57:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mosayura.blog18.fc2.com/tb.php/989-7eb3cd6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。